花粉症と共に生きる

花粉症に悩んでいる方も多く、共に生きるには辛すぎる季節です。
私が花粉症になった29年ほど前の当時は、「鼻炎」と言われ薬をもらい治療をしましたが、一向に良くならず「花粉症」と言われ薬をもらったのは翌年だったと思います。
始終鼻をかみ、目も赤く目やにも出て、顔もかゆく頭も「ボー」としていました。 年頃の女の子の学生の頃は、いつも鼻を赤くしていることが嫌でした。
現在は多くの花粉の情報がありますが、当初は家族、友人などに花粉症の人はいませんでした。 花粉症の時期は、布団を干さないこと、夜に洗濯をして朝には取り込むことを母に頼んでいました。
 以前、天気の良い日に布団を干してしまったその夜は、鼻がつまり呼吸もし難く顔もかゆく朝まで眠れず地獄でした。
現在は布団クリーナーを使いいつもきれいにしているので、辛くありません。 「大したことはない」と思っていた布団クリーナーは、使っていなかったときと比べてぐっすり眠れることに感動し花粉の季節以外にも一年中使っています。
 これからも花粉症が治ることはないでしょう。 しかし、日常生活で1度失敗をしたこと、苦しい思いをしたことを忘れず、繰り返すことがないよう上手に花粉症とつき合っていきます。http://www.orangerifleclub.com/